会員規約

学校法人 西野学園 札幌リハビリテーション専門学校同窓会 会則

第1章  総則
(名称及び事務局)
第1条:本会は学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校同窓会と称する。
第2条:本会は事務局を学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校内に置く。
(札幌市中央区北4条西19丁目1-3)
第3条:本会略式名称を札リハ同窓会とする。
(目的)
第4条:本会は会員相互の親睦を深め、会員の資質の向上を図ると共に学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校の発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第5条:本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1) 会員相互の連絡と親睦に関する事項(会報、会員名簿の発行)
2) 学術の振興と情報提供に関する事項(講演会、症例発表、研究発表)
3) その他目的を達成するために必要な事項
4) 母校の発展及び社会への寄与に関する事項
第2章 会員及び組織
(会員)
第6条:本会は下記の会員により構成される。
1) 正会員:学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校卒業者
2) 賛助会員:正会員以外の学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校教職員
(分科会)
第7条:正会員は卒業学科に準じて次の分科会に属する。
1) 理学療法会
2) 作業療法会
(年度)
第8条:本会の年度は5月1日始まり、翌年4月30日に終わる。
(入会)
第9条:学校法人西野学園 札幌リハビリテーション専門学校卒業生は卒業と同時に入会する。
(局・役員)
第10条:本会は次の局を置き、その内に局長・役員を置く。
1) 会長:1名
2) 副会長:1名
3) 事務局:局長1名、局員若干名
4) 会計局:同上
5) 広報局:同上
6) 学術局:同上
7) 監査:2名
(役員の選任)
第11条:正会員から役員会により選出する。
(役員の任期)
第12条:役員の任期は2年とする。ただし、再任も妨げない。
第13条:役員は任期満了の場合においても後任者が就任するまではその職務を行う。
第14条:役員がその任務を遂行できないと役員会が認めた場合、役員会で選任できる。
但し、任期は前任の在任期間とする。
(役員の任務)
第15条:役員は下記の権限及び任務をもつ。
1) 会長は本会を代表し、会務を統括する。
2) 会長は必要に応じて相談役(若干名)を任命することが出来ることとし、相談役は役員会を補佐する。
3) 副会長は会長を補佐し、会長が職務遂行に支障をきたした時はその職務を代理する。
4) 事務局は一般事務、総務の統括をする。
5) 広報局は同窓会及び役員会の行事を記録保管し、会報誌の発行を行う。
6) 会計局は本会の金銭出納に関する事務を処理する。
7) 学術局は学術振興に関する業務を行う。
(役員手当)
第16条:役員会、局会会議に参加した場合、交通費(勤務先から会議場所までの公共交通機関料金)、食事代(500円)を支給する。
第3章  会議
第17条:会議は総会、役員会、局会の3種とする。
第18条:総会は原則として年1回、会長が招集する。ただし、会長は必要に応じて臨時召集することができる。
第19条:総会は本会の最高機関であり次の事項は総会の議決を必要とする。
1) 年度事業報告
2) 年度収支決算
3) 年度事業計画
4) 会則の改正
5) 財産目録、財産の処分
6) 会計監査2名の選出
第20条:議事は出席者の過半数で決め、可否同数のときは議長が決める。
第21条:総会の議長は出席会員の中から選出する。
第4章  会計
第22条:本会は正会員の会費及び役員会の承認を得たその他の収入をもって基金とする。
(会費)
第23条:本会の会費は終身会費10,000円の会費を納入するものとする。
(財産)
第24条:本会の財産管理は会長の管理のもとに会計局が行う。
第25条:本会の会計は会計年度ごとに会計監査を受ける。
第5章  細則
第26条:この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な事項は役員会の議決により会長が別に定める。
第27条:会員は、その氏名・職場等が変更したときは、本会事務局に通知するものとする。

附則
1) この会則は平成17年5月1日から施行する。
2) 平成20年5月1日 改正
3) 平成25年6月29日 改正

▲ページのトップに戻る

役員名簿

令和3年度 役員一覧

会長
山口 隆誠
事務局
大黒 龍汰郎
能登 紅葉
青山 海
会計局
吉田 彩乃
米原 祐樹
長崎 詩乃
得能 裕史
辻浦 賢汰
副会長
三枝 浩貴
広報局
佐藤 祐弥
神谷 はづき
村山 穂果
立花 貴樹
学術局
藤田 真徳
今野 隆仁
佐野 稜斗
若山 瑞城
相談役
堀 翔平
川本 侑
顧問
佐藤 淳

▲ページのトップに戻る